鬱病は身近な病気【健康な精神を維持するためにも診断を受けよう】

医者

その辛さを放置しない

カウンセリング

鬱病は精神的な疲れが原因であり放置しても治らないので病院で診断すべきであり、軽い内に治す方が社会復帰を含めて色々と利点があるので早期に治療するべきです。この様な専門医療は鬱病を治すのに最適な手段と体制を持っているのが特徴であり、悪化する状況から救える能力を持ってもいるので人気と成っています。

» もっと知ろう

体の異常がない時

医者

見えない様々な症状

何気なく仕事や家事をこなしているだけでも、あるいは嬉しいイベントがあっても、人によっては何かが引き金となってストレスになることがあります。自分ではストレスだと認識していなくても、場合によっては重症化し、鬱病に発展してしまう人もいます。この鬱病には様々な種類がありますが、主に多くの人が認識している鬱病の症状として、大うつ病というものがあります。これは何事においてもやる気が起きないなど抑うつ状態が続くものを指します。他にも近年増えてきているのが双極性と呼ばれるものです。抑うつ状態だけでなく、気分が高揚する躁状態も現れるものを言います。この双極性はその人の個性として鬱病と診断されにくいものとなっています。さらに気分変調型といって、抑うつ状態は大うつ病よりも軽いけれど、その状態が長い間続くというものです。中には2年以上もこの抑うつ状態が続く人もいるほどです。いまはこれらの鬱病以外にも様々なものに分類されるほど、種類が増えてきているので、しっかりと診断をしてその症状に合った対策を行なっていく必要が出てきています。ですが普段生活していても、なかなか自分では病気なのかどうか気づきにくいです。心療内科や精神科に急に行くのが不安という人もいるでしょう。そういった場合には、セルフチェックが出来るものをインターネットなどで見てまずは行なってみましょう。質問形式で書かれているものが多いので、その質問に応えていきどういった診断が出るのかを見ていきます。いつでも気軽に出来るものなので、少しでも疑いがあるのであれば試してみましょう。

福祉の制度を活用

セルフチェックにて鬱病の可能性があると出たら、早めに医療機関に行ってきちんとした検査を受けるようにしましょう。インターネット上などでのセルフチェックは、あくまでも簡易的なものになるので、正確な診断をしてもらうためにも医療機関への受診は欠かせません。そこでは様々な話をカウンセリングの中でしていきながら、鬱病なのかどうかを医師が判断していきます。主な質問内容として、自分なりに鬱病ではないかと疑い始めた時期や症状などが聞かれます。また生活や気分がそれからどう変化したのかなども質問されます。多くの人はお酒やタバコの量が以前よりも増した、あるいは眠れなくなったなどがあります。これらは人によって全く違うので、自分なりに変わったことを伝えましょう。それらを総合して、医師がどの鬱病なのかを判断し、場合によっては薬を処方されます。ただ大うつ病なら診断もしやすいですが、双極性の人などは躁状態だと診断がしづらい事もあります。また双極性の人は自分自身が鬱病だと気づきにくいこともあるので、家族や周りの人が一緒に医療機関へ行ってあげることも大事になってきます。あるいは認めたくなくて医療機関への受診を拒否することもありますが、もし本人が行きたくないといったときには、家族や他の人が相談だけをしに行くことも可能です。悪化すると生活に影響が生じたり、飲む薬の量が増えたりしてしまうので、なるべく早めに受診をして治療していくことが必要になります。

自分を守っても良い心構え

医者

鬱病を回復させるには専門医の診断に沿った休息が必要であり適合する医者の存在が不可欠ですが、合わないと感じる場合には直ぐに変えると言う決断も必要です。鬱病の治療は精神的に楽になるかどうかで決めるべきでありその為には柔軟性も必要で、自分に何かしらの負担をかけない方向で考える必要もあります。

» もっと知ろう

うつ病を防ぐために

男性

鬱病の診断を受けているときにはできるだけ睡眠の質を高め、就寝時には耳栓やアイマスクをしたり、就寝前には精神的に負担がかかりにくいとされている間接照明を活用した読書などを意識すると効果的であると言われています。鬱病の治療法についての知識を把握しておけば、自分や周りの人が発症してしまった時に対応することが出来ます。

» もっと知ろう

Copyright© 2015 鬱病は身近な病気【健康な精神を維持するためにも診断を受けよう】All Rights Reserved.